大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

 

下水道事業受益者負担金(分担金)

 公共下水道が整備されることによって生活排水の処理が便利になり、さらにトイレの水洗化ができるなど、土地の利用価値が向上し、さまざまな利益が生じます。
 しかし、下水道が整備されるのは市内の一部ですので、その建設費を税金だけで賄おうとすると、下水道が整備されない区域の人々との間に負担の不公平が生じます。
 そこで、下水道を建設することによって利益を受ける皆さんに、利益の一部を建設費に還元していただくのが、「受益者負担金(分担金)制度」です。
 毎月掛かる下水道使用料とは異なり、負担金(分担金)の賦課は一度限りです。

 ※田代地域の下水道は、法律により分担金と読み替えます。

 

受益者(負担金[分担金]を納める人)とは

 下水道が整備された区域内の土地所有者に賦課されますが、その土地に地上権、質権、使用貸借、賃貸借などによる権利(一時使用のために設定された権利は除きます。)の目的となっている土地については、その権利者が受益者となり、負担金(分担金)を納めていただくことになります。

【例】

 

負担金(分担金)の額は

 下水道の整備区域内に所有する土地の面積に、1平方メートル当たり次の額を乗じて得た額です。(10円未満の端数は切り捨て)

 大館地域 420円
 比内地域 390円
 田代地域 350円

【例】土地100坪(330.58平方メートル)に対する受益者負担金(分担金)額は…

大館地域 330.58平方メートル×420円=138,840円
比内地域 330.58平方メートル×390円=128,920円
田代地域 330.58平方メートル×350円=115,700円

 

負担金(分担金)の納付方法と納期

窓口納付

分割納付

 金額を20回に分割し、年4回の納付で5年間で完納となります。

 

一括納付

 負担金(分担金)をまとめて納付することができます。その場合は、納付する期数や時期に応じて1~5パーセントの一括納付報奨金がつきます。
 ただし、納付条件により報奨金がつかない場合もあります。

 

納付場所

 次のいずれかで納付できます。

 

口座振替

 口座振替による納付をご希望のかたは、預金通帳、通帳使用の印鑑を持って市内各金融機関の窓口でお申し込みください。

 

受益者負担金(分担金)納付までの手続きについて

 受益者、地積等は申告制になっています。毎年4月に、その年度に新しく下水道が供用開始された区域に土地を所有しているかたに、「受益者申告書」を郵送しますので、4月末日までに申告(持参または郵送)してください。
 申告をもとに、5月中旬に「受益者負担金(分担金)決定通知書」をお送りします。(決定した受益者名・土地・賦課面積・金額が記載されています。)
 その後、6月初めに「受益者負担金(分担金)納付通知書」をお送りします。これによって、6月30日までに第1期分を納めていただくことになります。

 

受益者の変更について

 負担金(分担金)を分割納付している途中で土地を売却したり、借地人に変更があった場合は「下水道事業受益者変更届」を提出してください。
 また、移転などにより受益者の住所が変更になった場合は「下水道事業受益者住所等変更申告書」を提出してください。

 

負担金(分担金)の減免について

 国・地方公共団体の使用地(予定地)、学校用地、神社の境内地、墓地、自治会用地、鉄道の線路敷、公道に準ずる私道、その他生活保護世帯などは、負担金(分担金)の減免の対象となります。
 減免を受ける場合は「下水道事業受益者負担金(分担金)減免申請書」を提出していただきます。

 

負担金(分担金)の徴収猶予について

 災害を受けたとき、盗難にあったとき、その他の事故が生じたとき、また、農地・係争地等は徴収猶予の対象となります。
 徴収猶予を受ける場合は「下水道事業受益者負担金(分担金)徴収猶予申請書」を提出していただきます。

 

関連リンク

 下水道事業受益者負担金(分担金)申請様式

このページに関するお問い合わせ
 大館市 建設部 下水道課 負担金係

  〒018-5792
  秋田県大館市比内町扇田字新大堤下93番地6
   TEL:0186-43-7086
   FAX:0186-55-1186
   e-mail:futan@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準