大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

「咽頭結膜熱」の患者数が、大館保健所管内で急増しています。

咽頭結膜熱とは

咽頭結膜熱は、アデノウイルスの感染により、発熱(38度以上)、のどの痛み、結膜炎(目の充血、目やになど)を主症状とする小児の急性ウイルス性感染症です。プールでの接触やタオルの共有により感染することもあるので、プール熱と呼ばれることもあります。

潜伏期間は5日から7日程度です。感染経路は通常、飛沫感染あるいは手指を介した接触感染で、結膜あるいは上気道からの感染によります。

予防について

・うがいや流水と石けんによる手洗いをしましょう。

・感染者との密接な接触を避けましょう(タオルなどは別に使いましょう)。

・プールから上がったときは、シャワーを浴び、うがいをしましょう。

 

※秋田県感染症発生情報<週報>平成30年7月30日~8月5日:警報 

   感染症発生動向調査の警報とは、大きな流行の発生・継続が疑われることを示します。

 

  感染症の流行についてはこちらをご確認ください。

  【秋田県感染症発生情報センター】http://idsc.pref.akita.jp/kss/

 

 

 

このページに関するお問い合わせ
 大館市 福祉部 健康課 健康企画係

  〒017-0897
  秋田県大館市字三ノ丸55番地
   TEL:0186-42-9055
   FAX:0186-42-9054
   e-mail:ho.soumu@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準