大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

後期高齢者医療保険料について

 後期高齢者医療制度の被保険者全員に保険料を納めていただきます。 保険料は秋田県後期高齢者医療広域連合の条例に基づき、秋田県内で同じ計算方法となります。
 保険料は被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と被保険者の前年の所得に応じて負担する「所得割額」
との合計となります。一人当たりの賦課限度額は57万円です。

保険料(年額)
※100円未満切捨て

=

均等割額
39,710円

+ 所得割額
(総所得金額等-33万円)×8.07%

 

均等割額の軽減

 同一世帯の被保険者と世帯主の総所得金額等の合計額が次の金額に当てはまる場合、均等割が軽減されます。

軽減割合 軽減後の均等割額 世帯(被保険者及び世帯主)の総所得金額等
9割軽減 3,971円 基礎控除額(33万円)以下で被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得がない場合)
8.5割軽減 5,956円 基礎控除額(33万円)以下
5割軽減 19,855円 「基礎控除額(33万円)+27万円×世帯の被保険者数」以下の世帯
2割軽減 31,768円 「基礎控除額(33万円)+49万円×世帯の被保険者数」以下の世帯

 

所得割額の軽減

 基礎控除後所得金額等が58万円以下のかた
 所得割額を負担するかたのうち、基礎控除額(33万円)を差し引いた総所得金額等が58万円以下のかたは、所得割額が2割軽減されます。 (年金収入のみの場合、153万円を超え211万円以下のかた) 

 職場の健康保険等の被扶養者であったかた
 後期高齢者医療制度加入前日に被用者保険※の被扶養者であったかたは、所得割がかからず、均等割が7割軽減されます。
 ※対象となるのは、協会けんぽ、健康保険組合、共済組合、船員保険などの被扶養者で、市町村国民健康保険や国民健康保険組合は対象となりません。
 

保険料の納め方

 保険料の納付方法は、原則として年金からの天引きとなる「特別徴収」と、納付書や口座振替などで納める「普通徴収」の2種類があります。年度途中で75歳になった場合や、他市町村から転入した場合などは、しばらくの間普通徴収となります。
 

特別徴収

 年金が年額18万円以上で、介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が年金額の2分の1を超えないときは特別徴収となります。年6回、偶数月に年金から保険料が差し引かれます。
 

仮徴収と本徴収

 特別徴収のかたは、前年度の2月分の納付額と同じ額を4月、6月、8月の年金から特別徴収(仮徴収)します。前年の所得が確定後、算定された保険料額から仮徴収分を差し引いた額が本徴収額(10月、12月、2月)となります。

仮徴収 本徴収

4月
(1期)

6月
(2期)
8月
(3期)
10月
(4期)
12月
(5期)
2月
(6期)
※前年の所得が確定するまで前年度の2月分の納付額と同じ額を徴収 ※前年の所得が確定後、算定された保険料額から仮徴収分を差し引いた額

平準化 

 仮徴収額と本徴収額に一定以上の差が生じている場合、特別徴収1回あたりの額ができるだけ均等になるように、6月と8月の徴収額を調整(平準化)しています。

平準化の例

平準化前 仮徴収 本徴収
年間保険料 4月 6月 8月 10月 12月 2月
62,000円 2,600円 2,600円 2,600円 18,200円 18,000円 18,000円
 仮徴収と本徴収で15,400円の差があり、後半の負担が大きい。
 ※10月が200円高いのは端数調整のため。

↓平準化すると

平準化後 仮徴収 本徴収
年間保険料 4月 6月 8月 10月 12月 2月
62,000円 2,600円 11,800円 11,800円 12,200円 11,800円 11,800円
 仮徴収と本徴収が同額になり、前半と後半の保険料の差が少なくなります。
 ※10月が400円高いのは端数調整のため。 

 

特別徴収の納め方が変更になるとき

保険料額が増額になる場合
 特別徴収のほか、増額分を普通徴収で納めていただきます。

保険料額が減額になる場合
 特別徴収は中止となり、普通徴収に変更となります。
※特別徴収が再開されるまで普通徴収となります。

年金の停止、差止めになった場合
 特別徴収は中止となり、普通徴収に変更となります。
※特別徴収が再開されるまで普通徴収となります。

口座振替での納付を申し出た場合
 特別徴収から普通徴収(口座振替)に変更となります。
※変更になるまで時間がかかります。
※保険料等の納付状況によっては認められないことがあります。

普通徴収

 年金が年額18万円未満のときや、介護保険料との合計額が年金額の2分の1を超えたときは普通徴収となります。 年8回、納付書や口座振替で納めます。
 

納付には口座振替をおすすめします。

 納付書に記載の取扱金融機関で口座振替の申し込みができます。
 申し込みに必要なもの

このページに関するお問い合わせ
 大館市 市民部 保険課 医療給付係

  〒017-8555
  秋田県大館市字中城20番地
   TEL:0186-43-7046
   FAX:0186-49-1198
   e-mail:iryo@city.odate.lg.jp
文字を小さくする文字を小さく 文字を大きくする文字を大きく 文字を標準にする標準