大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

高齢者肺炎球菌定期予防接種

 
  肺炎は日本人の死因の第3位となっており、65歳以上で年々増加傾向となっています。その原因菌として最も多いのが肺炎球菌です。
 

定期予防接種の対象となるかた

 過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことのない以下のかた

(1)平成29年度の対象者    
(個別に接種券をお送りしています)

年  齢 生  年  月  日
65歳 昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生
70歳 昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生
75歳 昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生
80歳 昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生
85歳 昭和 7年4月2日~昭和 8年4月1日生
90歳 昭和 2年4月2日~昭和 3年4月1日生
95歳 大正11年4月2日~大正12年4月1日生
100歳 大正 6年4月2日~大正 7年4月1日生


(2)60歳以上65歳未満で、心臓・じん臓・呼吸器・免疫機能に重い障害があるかた(身体障害者手帳1級程度)
   ※対象年齢の誕生日前日から助成の対象となります。
   ※事前に健康課での申請が必要です。印鑑と身体障害者手帳または医師の診断書をご持参ください。「予防接種対象者証明書」を発行します。
 

【定期予防接種の対象者について】

平成26年度から平成30年度までの5年間で、一人に1回定期予防接種の機会を設けています。定期予防接種の対象年度のみ公費助成が受けられます。なお、平成31年度からは65歳のみが対象となる予定です。定期予防接種の機会を逃さないようご注意ください。

定期接種対象者早見表.pdf


   

接種期間

平成29年4月1日(土)~平成30年3月31日(土)
 

接種回数

1回
 

補助金額

3,000円(1人1回限り)
 

接種料金

医療機関の定める接種料金

※医療機関から、あらかじめ3,000円が減額された金額が請求されます。
※生活保護世帯のかたは、医療機関窓口で緊急時医療依頼証を提示すると無料になります。
 

予防接種当日の持ち物

○接種券
○健康保険証
○予防接種対象者証明書(60歳以上65歳未満で心臓・じん臓・呼吸器・免疫機能に重い障害があるかた)
○緊急時医療依頼証(生活保護世帯のかた)
○接種料金
 

接種医療機関

高齢者肺炎球菌実施医療機関.pdf

予防接種を受けることができないかた

(1)熱のあるかた
(2)重篤な急性疾患にかかっていることが明らかなかた
(3)予防接種の接種液の成分でよってアナフィラキシーを起こしたことのあるかた
 (アナフィラキシーとは、通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。)
(4)その他、医師が不適当な状態と判断した場合
 

予防接種時に注意が必要なかた

(1)心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害などの基礎疾患があるかた
(2)予防接種で接種後2日以内に発熱がみられたかた及び発疹、じんましんなどのアレルギーと思われる異常がみられたかた
(3)過去にけいれんの既往があるかた
(4)これまでに免疫不全と診断されたことがあるかた、近親者に先天性免疫不全症の人がいるかた
(5)予防接種のワクチンの成分に対してアレルギーをおこす可能性があるかた

このページに関するお問い合わせ
 大館市 福祉部 健康課 健康企画係

  〒017-0897
  秋田県大館市字三ノ丸55番地
   TEL:0186-42-9055
   FAX:0186-42-9054
   e-mail:ho.soumu@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準