大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

桜櫓館

桜櫓館1.jpg桜櫓館3.jpg

 桜櫓館は、大館町長を務めた桜場文蔵氏が昭和8年(1933)に建てたもので、たびたび大火に見舞われた大館旧市街地にあって、奇跡的に残った昭和初期の貴重な木造建築です。桜場文蔵氏は、秋田犬保存会の第3代と第6代の会長を通算14年務め、秋田犬の保護や繁殖、普及活動に大きく寄与しました。

 建物は、木造2階建の洋室を備えた和風住宅で、四方にガラス窓を配した展望台は、2階の屋根から突き出るように見える特徴を持ち、複雑で変化に富んだ外観です。

 外壁は基本的に土塗り壁に漆喰仕上げが施され、部分的に板張りによる仕上げがされています。杉の良材がふんだんに使われた内部は、質の高い空間が創出され、建具や付書院に優れた技能が発揮されています。

 現存する棟札によると設計者は小野熊蔵氏・石田常吉氏、大工棟梁は越後甚吉氏です。

 平成11年(1999)7月に国登録有形文化財に登録されました。

 桜櫓館パンフレット.pdf(PDF:798.2 KB

 

施設概要

名称  大館市桜櫓館
所在地  大館市字中城13-3

国登録有形文化財

登録年月日

 平成11年7月8日
設計  小野 熊蔵・石田 常吉
棟梁  越後 甚吉
面積  敷地 1,136.89㎡ 建物 310.26㎡
建物構造  木造2階建(展望台付)
施設の概要  大広間、洋室、和室(2階)、展望台、庭園
管理運営  大館市建設部まちづくり課
開館時間  10時~16時
休館日  毎週月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)

   

施設見学

 施設見学は無料です。事前の申し込みの必要はありません。

桜櫓館4.jpg 桜櫓館5.jpg 桜櫓館6.jpg

 

施設使用  

・見学施設につき、使用中に見学者が入室することをご了承ください。

・施設を使用する場合の予約は、原則として3カ月前から受け付けをします。

・事前に空き状況を確認のうえ、申請書に必要事項を記入して、まちづくり課に提出してください。

・国、地方公共団体または公共団体が主催する事業などは、使用料が減免になる場合があります。

 詳しくは、まちづくり課までお問い合わせください。

部 屋  大広間(32.5畳)
使用料  210円(1時間)
暖房料  100円(1時間)
申・問  まちづくり課(電話:0186-43-7135)
使用申請書

 ・使用許可申請書.pdf(PDF:41.8 KB

 ・使用許可申請書.xlsx(XLSX:11.4 KB

減免申請書

 ・使用料減免申請書.pdf(PDF:39.6 KB

 ・使用料減免申請書.xlsx(XLSX:11.2 KB

 

このページに関するお問い合わせ
 大館市 建設部 まちづくり課 歴史まちづくり係

  〒017-0044
  秋田県大館市御成町3丁目6番31号
   TEL:0186-43-7135
   FAX:0186-59-6840
   e-mail:rekisimati@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準