大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

 

 

農業経営等復旧・再開支援対策事業

 

  平成29年7月22日の大雨により被災した農地や経営基盤の速やかな復旧と農業経営の再開を総合的に支援し、被災された農業者の皆さんの負担軽減を図り、再生産を応援します。

 

 事業内容

 Ⅰ 農業経営等復旧支援対策

  被害を受けた農地や施設等の速やかな復旧への取り組みに助成し、経営基盤の再建を支援するとともに、被害農地等における生産の回復を支援します。 

対策区分 対 策 の 内 容 助 成 対 象 経 費 補 助 率

1 農地等の復旧

 支援

 【29年度】

農地等における堆積・漂着物等の除去に必要な経費の助成

①堆積・漂着物の除去費用
 (人件費、賃借料、委託料等)

 (※ 被災農業者自身の人件費は対象外)

被災農地の実情に応じて次の内容も含めて事業の実施ができます。
②農地の地力再生費用

 (堆肥や土壌改良材の投入経費)

③農地の保全管理費用

 (大豆等の除草等(2回の耕起・中耕))

④廃棄及び収穫不能農作物、廃棄資材の処理費用

⑤用水確保に要する費用

  (揚水ポンプのリース料、燃料費

  (※ 農地・農業用施設小災害支援事業の対象を除く) 

2/3以内

2 施設等の復旧

 支援

 【29年度】

農業生産や内水面養殖施設等の復旧に必要な経費の助成

①生産施設及び付帯設備等の復旧費用

 (施設及び付帯設備等の取得、修理費)

 (※ 農業者等が自力で施工した場合の人件費は

     対象外)

②農業用機械の復旧費用

 (農業用機械の修理費)

2/3以内

3 農作物の防除

 等・家畜衛生対

 策支援
 

 【29年度】

水害による水稲、大豆、園芸作物等の病害虫発生防止対策や生育回復のための追肥等、畜舎等の消毒に必要な経費の助成

①通常の防除や消毒に追加して購入することとなった

 薬剤の経費

②使用を予定していた薬剤を変更したことによる追加

 の経費

③生育回復のための新たな追肥等経費

 (※ いずれも災害以前の購入薬剤、肥料、成長促進剤

  は対象外)

2/3以内

 

 Ⅱ 農業経営等再開支援対策

  被害を受けた農地等において必要となる種苗や生産資材、素雛等の購入に助成し、農業者等の再生産を支援します。

  (事業メニューにより、平成29年度実施分と平成30年度実施分がありますので、ご留意ください。)

対策区分 対 策 の 内 容 助 成 対 象 経 費 補 助 率

1 水稲・大豆種子

 購入支援

  【30年度】

再生産に必要な種子購入に対する助成

①水稲種子購入費
 【基準種子量:4kg/10a】
②大豆種子購入費
 【基準種子量:5kg/10a】

 (いずれも減収率20%以上の被災農地を1ha以上、

  又は、収穫皆無のほ場を有すると市長が認定した

  農業者で、対象ほ場ごとに必要となる種子の購入費

  が対象)

2/3以内

2 園芸作物等の種

 苗・資材等購入

 支援

  【29・

   30年度】

再生産に必要な種苗及び資材等の購入に対する助成

①種苗購入費
 野菜・花き・果樹等の再生産に必要となる種子及び種

 苗の購入費
②生産資材購入費
 野菜・花き・果樹等の再生産に必要資材(支柱等の耐

 久消費財)の購入費              

 (いずれも減収率20%以上の被災農地ごとに必要とな

  る種苗や生産資材の購入費が対象)

③家畜用飼料購入費

 (大雨による損失量を上限)

5/6以内

3 比内地鶏の素雛

 購入支援

  【29・

   30年度】

再生産に必要な素雛購入に対する助成

①比内地鶏素雛購入経費
 再生産のため導入する素雛の購入費

 (大雨の影響でへい死した比内地鶏の羽数を上限)

5/6以内

 

助成対象者

  市長が被害認定をした農業者等となります。

 

申請締切等

  希望者は市へ被害相談を行ってください。その際お渡しする「被害認定申請書」等を平成29年9月29日(金)までに大館市産業部農林課生産振興係へ提出してください。

このページに関するお問い合わせ
 大館市 産業部 農林課 生産振興係

  〒017-0897
  秋田県大館市字三ノ丸13番地19
   TEL:0186-43-7074
   FAX:0186-42-8570
   e-mail:seisan@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準