大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

ENGLISH.jpg KANTAIJI.jpg HANTAIJI.jpg HANGURU.jpg

忠犬ハチ公のふるさと 大館



忠犬ハチ公のふるさと大館市、大館駅前にたたずむハチ公の銅像

飼い主亡き後も渋谷駅で主人を待ち続けた『忠犬ハチ公』。
あまりにも有名なその美談は、邦画『ハチ公物語』、ハリウッド映画『HACHI 約束の犬』のほか、多くの書籍などでも伝えられています。
ところで皆さんはご存知でしょうか?
ハチ公の生まれは、ここ大館市なんです。
 

忠犬ハチ公

 忠犬ハチ公は、牡の秋田犬で、大正12年11月、大館市大子内(おおしない)の斎藤義一宅で、父:大子内山号、母:胡麻号の間に生まれました。
 ちょうどそのころ、東京帝国大学農学部教授・上野英三郎博士が、純系の日本犬を捜していました。それを聞いた博士の教え子の世間瀬千代松氏は、部下・栗田礼蔵氏の知り合いの斉藤宅から子犬をもらうことを思い付いたのです。大正13年1月14日、こうして生後50日前後の幼犬が上野博士のもとへ送られました。幼犬は、博士と共に食事をするほど可愛がられ、「ハチ」と名付けられました。
 やがてハチは立派な秋田犬に成長し、博士の送り迎えもするようになり、ハチと博士の間に強い絆が結ばれました。
 しかし、大正14年5月21日、いつものようにハチに送られて出勤した博士は大学の教授会において講演中、脳溢血に倒れ急逝。通夜・葬儀の間、ハチは食事を与えても口にせず、その状態はしばらく続いたといいます。
 博士の没後、浅草に引っ越した後も、夜、8キロ離れた渋谷方面に走って行くハチの姿がたびたび見られました。そんな状況が1年も続いたため、ハチの心情を想って顔なじみの代々木の植木職人・小林菊三郎宅に預けられることになりました。
 しかし、夕食を終えると小林宅から700m~800mの上野邸あたりをうろつき、その後渋谷駅の改札口前にじっと座ります。暑い日も、雨の日も、雪の日もハチは改札口前に座り続けました。
 ハチは、人間や仔犬に対しては決して牙を向けたり吠えたりしませんでしたが、一度だけ、ほかの犬に咬みつかれたことがあり、それ以降左耳が垂れてしまいました。
 このようなハチの姿に、いつしか多くの人々が同情を寄せるようになり、次第に弱りはじめたハチを気遣い渋谷駅の職員も面倒を見るようになりました。
 昭和10年、ハチは海外にも紹介されたり、映画になったりと有名になっていましたが、フィラリアにより3月5日、容態が急変、その3日後の3月8日、ハチは駅から離れ、孤独に13年(人間にすると90歳)の一生を終えました。

 ハチは、青山墓地の上野博士とともに眠っています。

忠犬ハチ公年表

大正12年11月 大館市大子内斎藤義一宅で父大子内号、母胡麻号の間に生まれる。
大正13年 1月14日 生後50日で上野博士のもとに送られ、「ハチ」と名付けられる。
大正14年 5月21日 博士が大学の教授会の講演中に脳溢血で倒れ急逝。その後10年間渋谷駅で待ち続ける。
昭和 8年11月 3日  東京上野公園で開催された犬の展覧会(日本犬保存会主催)で人気者となる。
昭和 9年正月 「忠犬ハチ公銅像建設趣意書」が作成され、全国各地より募金が寄せられる。
昭和 9年 4月21日 渋谷駅に銅像が完成。上野博士未亡人を始め各界の名士が参加し除幕式が行われた。ハチ公もこれに参加。
昭和 9年 3月 尋常小学校の修身教科書二巻に「恩ヲ忘レルナ」と題してハチ公の物語が掲載される。
昭和10年 3月 8日 フィラリアで死亡。渋谷駅近くの路地で発見される。
東京帝大農学部で解剖され、毛皮は剥製にされ上野科学博物館に保存。青山墓地の上野博士の傍らに葬られた。
昭和10年 7月 8日 大館市の大館駅前に忠犬ハチ公の銅像が建設され除幕式が行われる。
昭和19年 昭和16年からの太平洋戦争により金属類回収令が公布され、渋谷のハチ公銅像が供出される。
昭和20年 金属類回収令により、渋谷のハチ公銅像と同様に、大館のハチ公銅像も供出される。
昭和23年 ハチ公銅像再建委員会が結成され、募金により渋谷駅前にハチ公銅像が再建される。
昭和39年5月 大館駅前に、ハチ公の若い頃の姿を中心とした「秋田犬群像」が建設される。
昭和62年11月14日 大館駅前にハチ公銅像が再建され、除幕式が行われる。

大館市で開催されている忠犬ハチ公に関する行事

●ハチ公慰霊祭 4月 大館駅前にて開催。
ireisai.jpg
 
●ハチ公生誕祭 10月第二日曜日
seitansai.jpg

忠犬ハチ公の銅像

~ 渋谷駅前の銅像 ~

hachikou aibyadouzou.jpg

 昭和7年10月4日、東京朝日新聞に「いとしや老犬物語」というタイトルで載ったのをはじめ、新聞、ラジオなどで報道された老犬ハチの元に、人々から見舞金等が送られてきました。同年11月、日本犬展に招待犬として招かれるなどハチの名は全国的に知られるようになり、このころから「ハチ公」と尊称で呼ばれるようになりました。昭和8年にはポチクラブ(全世界の愛犬家組織)の名誉会員に推薦され、昭和9年には「恩ヲ忘レルナ」と題して、尋常小学校の修身二巻にも載せられました。
 ハチ公が有名になるに従い、付近の住民からはハチ公の銅像を建設しようという声が出始めました。昭和9年正月には、有志によって「忠犬ハチ公銅像建設趣意書」が作成され、建設資金の募金運動を開始、全国各地から好意の寄付が集まりました。
 この寄付により、台座の高さ180㎝、ハチ公像の高さ162㎝の立派な銅像が渋谷駅の改札口前に建設され、昭和9年4月21日、除幕式が行われました。これには博士の未亡人、各界の名士など約300人が参加し、ハチ公はこの一部始終を吉川駅長に連れられて見守っていたといいます。
 5月10日には、銅像作者である帝展審査委員安藤照氏の手による鋳造「忠犬ハチ公臥像」が天皇、皇后両陛下にも献上されています。(同じ物が大館市出身の木村泰治氏にも寄贈されており、平成27年にご遺族から大館市に寄付されました。)


 生前に銅像が造られ、しかも塑像が宮中に供されるというのは、人を含めても前代未聞のことだったでしょう。

~ 大館駅前の銅像 ~

hachi ekimaedouzou.jpg

 渋谷に忠犬ハチ公の銅像が建設されることを知ったふるさと大館では、木村泰治氏が発起人になり、有志が渋谷の「忠犬ハチ公銅像」と同一原型のものを大館駅前に建設し、ハチ公が亡くなった年の昭和10年7月8日にその除幕式が行われました。
 渋谷と同様に秋田犬の街のシンボルとして、多くの人々に愛されましたが、昭和20年、渋谷の銅像と同様に太平洋戦争の金属回収令により撤収されてしまいました。多くの市民に愛された銅像もわずか10年足らずしか存在しませんでした。
 戦後の昭和22年8月、渋谷駅前には再建されましたが、大館駅前の再建は実現しませんでした。
 それからずいぶん経った昭和39年5月、忠犬ハチ公の若い頃の姿を中心に「秋田犬群像」が大館駅前に建設されました。
 またずいぶん時が流れ、ハチ公没後50年に当たる昭和59年、大館市観光協会の提唱により「忠犬ハチ公銅像再建の会」が結成され、「忠犬ハチ公銅像」の再建に向けて広く募金活動が行われました。
 そして昭和62年11月14日、大館駅前ハチ公銅像の除幕式が行われました。この時には、63年ぶりに生まれ故郷に帰ってきた剥製のハチ公も列席しました。
 また、この約10ヶ月前の同年2月3~5日には、映画「ハチ公物語」のロケが大館で行われ、封切り後は多くの人々に感動をあたえました。

 現在、大館市大子内の斎藤七郎右衛門宅前には、「忠犬ハチ公の生誕地」の石碑があります。

~ 秋田犬会館前の銅像(望郷のハチ公像) ~

hachikou kaikanmaedouzou.jpg

 昭和20年に回収された大館の初代ハチ公像が鎮座していた台座は、しばらくの間秋田犬保存会本部に保存され、主を待つ状態でした。平成16年10月、主なきあとの台座に60年ぶりにハチ公像ができあがり、「望郷のハチ公像」として秋田犬会館前広場に建立されました。晩年のハチ公をモチーフとした「望郷のハチ公像」は、帰ってきた主人をお迎えするかのように見上げる表情で、とてもやさしい感じが印象的です。ハチ公は、人間や子犬に対しては決して牙を向けたり吠えたりしなかったそうですが、ただ一度だけ相手の犬に噛みつかれ、それから左耳が垂れてしまったので、「望郷のハチ公像」の耳も垂れているのです。

 

 

ハチ公ものがたりの紙芝居』を貸し出しを行っています!

hachikou_01.jpg
 
【詳しくは画像をクリック!】

 

忠犬ハチ公は秋田犬

akitainu top.jpg

 ハチ公は大きな体と穏やかな性格の秋田犬という犬種。
 1630年代、大館地方の藩主佐竹侯が藩士の闘志を養うため闘犬を奨励し、日本古来のマタギ猟に使われた犬と土着犬などとの混血によって作り出されたものと言われています。
 明治・大正時代は、闘犬が盛んに行われ、あまりの白熱ぶりに闘犬禁止令が出されるほどでした。
 昭和2年5月、当時の大館町長・泉茂家氏によって「秋田犬保存会」が設置されました。これは、秋田犬の闘犬化が盛んに行われ雑種化してきたため、優れた秋田犬を保存するために設置されました。秋田犬会館に写真が展示されていますが、現在の秋田犬と昭和初期のそれはずいぶん姿形が違うように見えます。
 昭和6年7月には、日本犬で最初の天然記念物に「秋田犬(あきたいぬ)」が指定され、昭和9年頃から秋田犬保存会が犬籍登録を実施、昭和13年には、秋田犬標準も制定され、展覧会が開催されるようになりましたが、太平洋戦争中は一時中断しました。
 戦争末期には、食糧難により保存に甚大な被害がありましたが、愛犬家の努力により数十頭の血統の正しい秋田犬が残されました。戦後は、それを土台として、急速な繁殖が見られ、全国的に飼育されるようになりました。  昭和52年には、秋田犬保存会創立50年を記念して「秋田犬会館」が建設され、日本の犬種団体では唯一の博物館として評価されています。

秋田犬の審査基準など / 秋田犬会館(秋田犬保存会)HPはこちらから

秋田犬の街、大館

 大館市内には「大館駅前の銅像」「秋田犬会館前の望郷のハチ公像」の他にもハチ公・秋田犬をテーマにした銅像やモニュメントなどがたくさんあります。
 こちらでご紹介しますが、もしかしたら...まだあるかも?

《 秋田犬群像 》 [ 大館駅前ハチ公の銅像後方 ]
snap gunzou.jpg
 
《 ハチ公生家前石像 》 [ 大館市大子内齋藤宅前 ]
anap seika.jpg
 
《 ハチ公神社 》 [ 大館駅1番ホーム ]
snap jinja.jpg
 
[ 大館駅観光案内所 ]
snap ekiannaijo.jpg
 
[ 東大館駅ホーム ]
snap higasieki.jpg
 
[ 大館市役所前ポスト ]
snap post.jpg
 
[ 桂城公園 ]
snap keijopark.jpg
 
[ ハチ公荘 ]
snap hatikousou.jpgハチ公荘 金のハチ公像 - コピー.jpg
 
[ 西大橋 ]
snap nisioohasi.jpg
 
[ 二井田大橋 ]
snap niidaoohasi 1.jpgsnap niidaoohasi 2.jpg
 
[ 山王岱橋 ]
snap sanoutaibasi.jpgsnap sanoutaibasi 2.jpgsnap sanoutaibasi 3.jpg
 
[ 大館八幡神社 ]
snap hatimanjinja.jpg
 
[ 大町 明石ビル横 ]
大町 巨大秋田犬像 - コピー.jpg
 
[ マンホール ]
anap manhole 3.jpganap manhole 1.jpganap manhole 2.jpg

大館市に伝わる秋田犬のお話

 

siro.jpg

定六とシロの物語 [ 老犬神社 ]
siro.jpgsiro.jpg

 

このページに関するお問い合わせ
 大館市 産業部 観光課 観光振興係

  〒017-0031
  秋田県大館市上代野稲荷台1番地1
  大館樹海ドームパークセンター内
   TEL:0186-43-7072
   FAX:0186-48-6668
   e-mail:kankou@city.odate.lg.jp
文字を小さくする文字を小さく 文字を大きくする文字を大きく 文字を標準にする標準