大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

 

大館市秋田杉集成材等需要拡大事業

 大館市秋田杉集成材等需要拡大事業とは、秋田杉集成材、秋田杉乾燥材を使用して住宅を建築する市民に対し、一定の基準で補助金を交付することにより、秋田杉集成材等の需要拡大と大館市の木材産業の活性化を図る事業です。
 

補助対象者

 延床面積が70平方メートル以上の木造住宅を、大館市内に新築または増改築し、その住宅に居住する建設主のかた。

※「木造住宅」⇒木造の専用住宅。または木造の店舗・事務所等併用住宅で、店舗・事務所等の面積が建物総面積の20%を超えないもの。共同住宅・建売住宅を除き、建築主が居住する個人住宅をいいます。
※「増改築」⇒既存部分の面積が建物総面積の20%を超えないものをいいます。
 

要件及び金額

◆秋田杉集成材の柱を
3.0立方メートル以上使用したとき10万円
1.5立方メートル以上3.0立方メートル未満使用したとき7万円

◆秋田杉乾燥材の柱を
3.0立方メートル以上使用したとき7万円
1.5立方メートル以上3.0立方メートル未満使用したとき5万円

※「秋田杉集成材」⇒大館市内の木材加工施設で製造された秋田杉の柱を指します。
※「秋田杉乾燥材」⇒大館市内の乾燥施設で乾燥された秋田杉の柱を指します。
※秋田杉集成材及び秋田杉乾燥材の両方の柱を使用した場合、それぞれの補助金額を合算した額が補助金額となりますが、その場合の上限額は10万円となります。
 

申請から補助金をもらうまで

①承認申請(申請者)→承認通知書(市)→②交付申請(申請者)→交付決定通知書(市)→③お振込み(市)

①承認申請に必要なもの
承認申請書(様式第1号 76KB)の提出⇒建築確認申請の確認済証が交付されてから住宅完成前までのできるだけ早い時期に、必要事項を記入し、以下の関係書類を添えてお申込みください。
出荷証明書(秋田杉集成材等を出荷した事業所から交付を受けてください。)
木材使用計算書(対象秋田杉木材箇所にマークをつけてください。)※リンクで表示される用紙は一例です。
○建築確認通知書の写し(総面積や用途が分かるように、全てのページの写しを添付してください。)
○図面(平面図:補助対象木材使用箇所にマークをつけてください。)

②交付申請に必要なもの
交付申請書の提出⇒①で事業が承認され、承認通知書が届いたあと、住宅完成後6カ月以内に、交付申請書に必要事項を記入し、以下の関係書類を添えてお申込みいただきます。
○住民票(家族全員分)新居に引っ越しした後の住民票が必要です。
○完成した住宅の写真2枚(2方向から撮影したもの、それぞれ1枚ずつ)
 

要綱及び申請書ダウンロード

 下記のPDFファイルを印刷してお使いください。

 大館市秋田杉集成材等需要拡大事業費補助金交付要綱(76KB)

 様式第1号 大館市秋田杉集成材等需要拡大事業承認申請書(76KB)

 様式第2号 出荷証明書(59KB)

 (参考)木材使用計算書例(33KB)

このページに関するお問い合わせ
 大館市 産業部 商工課 商工係

  〒017-0897
  秋田県大館市字三ノ丸13番地19
   TEL:0186-43-7071
   FAX:0186-49-3133
   e-mail:syoko@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準