大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

固定資産税/償却資産の課税方法

 

償却資産とは

 固定資産税が課税される償却資産とは、毎年1月1日現在に所有する土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で、所得税法または法人税法における所得の計算上、減価償却の対象となる資産をいいます。
 ただし、自動車税・軽自動車税の課税対象となる車両については対象とはなりません。
 また、次の資産についても、事業の用に供することができる状態であれば課税対象となります。

 

申告の対象となるかた

 毎年1月1日現在において、大館市内で事業用の資産を所有する法人及び個人事業者です。

 

固定資産税における償却資産の評価方法

 資産の取得時期、取得価額及び耐用年数を基準として評価額を算出します。

 

課税標準の特例を受ける資産について

 地方税法第349条の3及び本法附則第15条に規定する一定の要件を備えた資産については、固定資産税が軽減されます。適用を受ける償却資産については、「種類別明細書」の摘要欄に適用条項を記載し、「償却資産課税標準特例該当資産届出書」と特例該当となることがわかる書類を申告書に添付してください。

 

用紙ダウンロード

償却資産課税標準特例該当資産届出書 【PDF:110KB】

償却資産課税標準特例該当資産届出書【記載例】【PDF:163KB】

 

このページに関するお問い合わせ
 大館市 市民部 税務課 固定資産税係

  〒017-8555
  秋田県大館市字中城20番地
   TEL:0186-43-7034
   FAX:0186-49-3131
   e-mail:kotei@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準