大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

西木戸神社:にしきどじんじゃ



西木戸神社の写真
所在地
 秋田県大館市比内町八木橋字五輪台127

 文治5年(1189)、源頼朝の奥州征伐軍に破れた平泉藤原家第4代泰衡は、9月3日贄の柵で譜代の臣河田次郎に謀殺されたと言われています。
 この時、落ちのびた泰衡を追ってきた夫人は、この地で夫の悲報に触れ、嘆き悲しんだ末に同年9月7日に自害しました。里人はそれを哀れみ、夫人のために五輪の塔を祀ったといわれています。
 それ以降、この地は五輪台と呼ばれるようになりましたが、西木戸神社の名前の由来は明らかでありません。
 泰衡を祀った錦神社が東北東約3キロメートルの所にあり、西木戸神社はそちらを向いています。ただし、錦神社はこちらを向いていません。
 現社殿は、昭和46年に新築されたものです。



このページに関するお問い合わせ
 大館市 比内総合支所 地域振興係

  〒018-5792
  秋田県大館市比内町扇田字新大堤下93番地6
   TEL:0186-43-7093
   FAX:0186-55-1018
   e-mail:h-tiiki@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準