大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

とんぶり畑



とんぶり畑の写真
 とんぶりは、比内地域の沢村や日詰集落の畑で古くから栽培されているホウキ草の実で、別名、【畑のキャビア】、海外では【マウンテン・キャビア】の名で知られています。刈り取った後、乾燥・ゆでる、水洗い、皮むきなどの作業を経て製品となり、昔から強壮、利尿の効用があると言われています。
 とんぶりの栽培は4月に種まきを始め、高さが2メートルにもなる10月に収穫を迎えます。新鮮な空気と太陽が一日中あたる畑は、たわわに実ったエメラルドグリーンのとんぶりの豊かな緑で一色になります。7月から9月が見頃の広々とした畑は、山間のさわやかな風に波打ち、「緑の海」を思わせます。

このページに関するお問い合わせ
 大館市 比内総合支所 地域振興係

  〒018-5792
  秋田県大館市比内町扇田字新大堤下93番地6
   TEL:0186-43-7093
   FAX:0186-55-1018
   e-mail:h-tiiki@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準