大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

 

地域資源の指定について

 各地域の強みである「農林水産品」「鉱工業品及びその生産技術」「観光資源」の3類型からなる地域資源を活用して新商品の開発等の事業を行う中小企業を支援するため、中小企業地域資源活用促進法が平成19年6月から施行されています。

 同法に基づき、各都道府県では国の定める基本方針に従い、地域産業の強化や新たな地域産業の創出の核となり得るものを地域資源として指定しています。

 ・秋田県の地域資源について(PDF)

 ※地域資源の内容は、各市町村及び関係団体からの意見等を踏まえて必要に応じ見直し、充実が図られます。
 

大館市の地域資源について

 大館市では下記が地域資源として指定されています。

【280824時点】大館市の指定地域産業資源一覧.jpg

 ※平成28年8月24日現在

 

中小企業への支援等について

 地域資源を活用した新商品・サービス開発、販路開拓などの具体的な事業計画を策定し、国から認定を受けた場合、試作品開発や販路開拓に対する補助、設備投資減税、中小企業信用保険法の特例、政府系金融機関による低利融資などのほか、専門家による人的支援など、総合的な支援を受けることができます。

 事業計画の認定スケジュールや、認定後の支援制度(補助金公募時期等)について、詳しくは、(独)中小企業基盤整備機構(022-399-9031)外部リンク 東北経済産業局新事業促進室(022-221-4923)外部リンク までお問い合わせください。

 

  (支援のイメージ図)

地域資源法による支援のイメージ.jpg

 

きりたんぽ、比内地鶏、秋田杉桶樽、曲げわっぱに関連する事業は優先支援があります

 大館市では平成27年9月、東北初、全国4番目となる「ふるさと名物応援宣言」を実施しております。

 「ふるさと名物応援宣言」は、多様な事業者を巻き込み、地域ぐるみの継続的な取り組みを通じて「地域ブランド」の育成・強化を図り、地域売上や雇用の拡大、地域経済の好循環につなげるため、市町村が宣言を行うものです。

 大館市では、「きりたんぽ」「比内地鶏」「秋田杉桶樽」「曲げわっぱ」が、ふるさと名物応援宣言による優先支援対象となる地域資源に位置付けられており、これらに関係する事業計画について、法律の認定を受けた場合には、国の補助制度を優先的に受けることができます。

 ※ふるさと名物とは「地域資源を活用した商品・サービス(群)」を指します。

 

 

 ふるさと名物応援宣言表紙.jpg

 ・大館市のふるさと名物応援宣言.pdf

 

あきた企業応援ファンドについて

 秋田県では(独)中小企業基盤整備機構等からの貸付金等により「あきた企業応援ファンド」を造成しております。その運用益を活用して、中小企業等が行う、地域資源を活用した新商品・新役務の開発、販路拡大等の経営革新の取組を支援しております。

 詳細は、あきた企業活性化センターの 「あきた企業応援ファンド事業外部リンク のページをご覧ください。



このページに関するお問い合わせ
 大館市 産業部 商工課 商工係

  〒017-0897
  秋田県大館市字三ノ丸13番地19
   TEL:0186-43-7071
   FAX:0186-49-3133
   e-mail:syoko@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準