車事情

市内での生活は車の使用はほぼ必須といえます。
買い物の他、職場への出勤もほとんど車となる可能性があるので、事前に車関連の費用など考慮しておくとよいでしょう。

☆地域おこし協力隊の塩崎が中古車を買った経緯についてブログにまとめています。
 よければこちら【協力隊、車を買う!】もどうぞ。

 

車関連の費用についての一例

  • 30代会社員の場合(新車購入)
購入費 200万円(コンパクトカー)
車検代 10万~15万円(2年に1回)
ガソリン代 約5,000円/月
(3km離れた職場への通勤利用がメイン)
駐車場代 0円
(アパートの家賃に含まれる)
自動車税 34,500円/年(排気量により異なる)
保険代 約50,000円/年(車両保険付)
  • 20代会社員の場合(中古車購入)
購入費 100万円(コンパクトカー)
車検代 10万~15万円(2年に1回)
ガソリン代 約10,000円/月
通勤利用の他、近隣へのドライブで使用
駐車場代 0円
(実家に駐車)
自動車税 34,500円/年(排気量により異なる)
保険代 約107,000円/年(車両保険付,家族4人)


 

大館市の暮らしページへ