協力隊、野菜を作る! キュウリ収穫編

こんにちは、協力隊塩崎です!

かなり時間がたってしまいもうすっかり秋ですが、今回は夏野菜の収穫の様子を紹介します!!

 

前回の記事はこちら

協力隊、野菜を作る 耕す編

協力隊、野菜を作る 苗を植える編

協力隊、野菜を作る 支柱を立てる編

 

facebookの方ではちょくちょく収穫の様子などを挙げていましたが、

こちらでの発信を全くできておらず。。。

定期的にブログを更新する、というのはとても難しいことだと痛感しました。

ここから盛り返していきたいです。

 

ということで今回から収穫した夏野菜について、

それぞれ収穫量や感じたことなどをご紹介したいと思います。

 

小出しにすることで、頭数を確保する狙いです(笑)

 

さて、畑に植えた夏野菜は以下の通り。

ちなみに植えたのはすべて4月下旬頃です。


トマト
■️キュウリ
トウモロコシ
エダマメ
ジャガイモ
ナス

 

まず最初の記事は、収穫が一番早かったキュウリについてです。

 

キュウリ

植えた株数:2株
収穫時期 :6月中旬~8月末くらいまで
収穫量  :★★★★★ ひとりでは食べきれないくらいいっぱい
育てやすさ:★★★☆☆ ※塩崎の所感です。

 

キュウリは一番最初に収穫の喜びを味あわせてくれた野菜です。

一番最初の収穫が6月の中旬。
まさかこんなに早くなるとは思っていませんでした。

 

 

この写真は6月の頭。花の元の部分に小っちゃいキュウリの部分が見えています。
ここからの成長があっという間なんですね。


これが6月14日初収穫したキュウリです。

さっそく家に持ち帰って味噌付けて食べました。


最初一口食べた感想は「あ、ちゃんとキュウリだ。」でした(笑)

ひとまずちゃんと野菜が収穫できたことに胸をなでおろしました。

 

しかしここからが大変でした。

 

一度実がなってから、まぁどんどんと育つ育つ(笑)

一度にこんなに獲れたときはどうしようかと思いました。

 

 

そんなこんなで6月の初収穫から8月位にかけて

とにかくコンスタントに収穫できました。

 

最初は某浅漬けの元など買って浅漬けにして食べていましたが、

とてもひとりで食べきれる量ではなく。

他の野菜の収穫が終わり畑に行く頻度も減っていくと、

気付くとこんな感じになっていました。


 

実が付きすぎ+ちょっと巨大化しすぎで、

支柱とネットが今にも倒れそうな状態というか半分倒れていました。

ちなみに下の写真がちょうど植えた頃。


 

また2つ上の写真左側を見ると、

わかりづらいですがツルのネットへの誘引にも失敗しています。

上に伸ばすつもりだったのが、地べたに這いっぱなしになってしまいました。

ネットや支柱の方法も色々とあるようで、そのあたりもう少し工夫が必要だったかなと思いました。

 

ということで、以下キュウリを育ててみての感想です 。

 

まず、植える株数は1株でよかったなと思いました。

ひとりで暮らしている、そこまで自炊が多くないかたには正直1株でも多く取れすぎる気がします。

私の場合、キュウリの料理のレパートリーがだいたい浅漬けのみだった(笑)からかもしれませんが、

とにかく十分すぎる量が取れて逆にどうしようとなってしまいました。

 

また、とにかくすぐ大きくなるので、足繁く畑に収穫に行く必要があるなと思いました。

近いとはいえ畑が自宅から離れたところにあったので、

なかなか毎日仕事帰りに、というわけにはいかず、

気付いたら電話の子機に使えそうなくらい巨大なキュウリができてたりもしました。

 

 

そういう意味では、けっこう気を使う必要がある野菜なのかなと思いましたし、

事実キュウリは全体を通して割と失敗が多かったです。

でも、苗を植えてそこまで手をかけなくてもかなりの収穫量があったので、

収穫はしやすいのかな、というのが育ててみた感想です。

 

それでは今回はここまでです!
ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました!

次回はトマトについてです。

 

ブログ一覧ページへ

 

トップページへ

 

2016年09月23日