大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

大館市(おおだてし) 匠と歴史を伝承し誇りと宝を力に変えていく「未来創造都市」

広報おおだて(PDF版)-2020年2月号

  広報は、市政と市民の皆さんとを結ぶパイプ役です。
  市政の動き、まちの話題、催し物、行事のお知らせなどを掲載し、毎月5日に発行しています。市内全世帯を対象に、無料で配布しています(市役所本庁の市民ホールと比内・田代両総合支所ホールにもあります)が、万一、広報紙が届いていないかたがいらっしゃいましたら、総務課広報広聴係までご連絡ください。
  また、目が不自由なかたのために「声の広報(CD)」や「点字広報(点訳したダイジェスト版)」を発行しています。必要なかたはご連絡ください。
※なお、市外のかたなどには、送料を負担していただいて広報を送っています。ご希望のかたはご連絡ください。
広報おおだて2020年2月号

 こちらをクリックしてご覧ください。

 PDF:18.4MB
 gazou200205.jpg
各ページの内容
ぺージ     内容

■新たな生活の“足”の確保へ
 観光交流施設・秋田犬の里で、自動運転サービス体験会を開催しました。
 参加者らはハンドルもアクセルもない車両に乗り、約700メートルのコースを周回しました。体験後の感想では、高齢者の移動手段として早期実用化に向けた期待の声なども聞かれました。
(取材日12月22日)

2~11

市の財政状況(平成30年度決算)

12・13

申告相談特集

14

保健&健康・市長政策トーク

15

フォトニュース

16

市からのお知らせ
●催し
○高年齢者との働き方シンポジウム
○おはなしとしょかん冬
○わわわde子育てカフェ
○絵本ビブリオバトル
○ことばのしずく朗読発表会
●募集
○「ことば」を学ぼう入門編参加者
○お菓子作りとコーヒー講座参加者
○図書館の裏側潜入ツアー
○音楽と珈琲を楽しむ教室参加者
○スポーツによる地域活性化シンポジウム参加者
○おしゃべりひろば「ひだまり」参加者
○認知症セミナー参加者
○ボッチャ体験会参加者
○さきがけ・ドーム杯 グラウンドゴルフ大会参加者
○大館市奨学生
○大館市交通指導員
●お知らせ
○2月は固定資産税第4期と国民健康保険税第8期の納期です
○2月は下水道事業受益者負担金(分担金)第4期の納期です
○市税の休日納付相談窓口
○福祉医療費受給者症の交付
○住宅リフォームの悪質な訪問販売に注意してください
○交通事故等発生件数
●市営住宅入居者募集
●TKマンション大町入居者募集
●郷土博物館「おひなさま展」・鳥潟会館「おひなさま展」
●軽自動車、バイクの異動はお早めに
●令和元年度 火災発生・救急出動状況
●上水道に加入しませんか
●田代診療所を閉所します
●農業委員と農地利用最適化推進委員を募集します
●交通災害共済・不慮の災害共済にご加入ください
●大館能代空港ニュース
●ごみの日カレンダーを配布します

17

18

19

20

伝言板
●催し
○大館冒険あそびプレーパーク 御成町冬のあそび祭り!!
○十二所「かまくらやき」
●募集
○社会福祉協議会主催 研修会・勉強会参加者
○無料就職相談会参加者
○秋田県育英会学生寮入寮生
○公共職業訓練受講生
●お知らせ
○第11回大館まちゼミ
○自動車の各種手続きはお早めに
○リユース制服・学用品を無料配布します
○人権擁護委員に委嘱されました
●教室・講座
●図書館だより
●確定申告の相談を受け付けます

21

22 ほっぺにチュッ・無料相談
23 ■2月のカレンダー

24

人のうごき

 

広報おおだて(PDF版)-バックナンバー
p_lis017.gif 過去に発行した広報おおだてはこちら

 PDFファイルを見るためには、アプリケーション「アドビ・リーダー」が必要となります。次のアイコンをクリックして、アドビシステムズ株式会社の日本語サイトへ行き、無料でダウンロードすることができます。また、アドビシステムズ株式会社の各製品やパソコン・インターネット雑誌などの付録CD-ROMなどからも入手できます。

getacro.gif

Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
アイコンは、大館市がアドビシステムズ社から使用許諾を得て使用しています。

 

 

お問い合わせ
 大館市総務部総務課 広報広聴係

  〒017-8555
  秋田県大館市字中城20番地
   TEL:0186-43-7025
   FAX:0186-49-1198
   e-mail:kouhou@city.odate.lg.jp
▲上へ戻る
文字サイズ: 小さく 大きく 標準